乙字湯 効果

乙字湯の成分「大黄(だいおう)」とは?

乙字湯 効果

痔の改善に効果を発揮する第2類医薬品「ピーチラック」は、『本草乙字湯エキス顆粒』。
漢方「乙字湯(オツジトウ)」は、6つの生薬成分<大黄(だいおう)・柴胡(さいこ)・升麻(しょうま)・甘草(かんぞう)・黄今(おうごん)・当帰(とうき)>で構成されています。
6つの生薬のひとつが「大黄(だいおう)」。

 

乙字湯 効果

「大黄(だいおう)」は、タデ科のダイオウ属植物の根および根茎を乾燥したものです。

古くから、薬として使われており、日本薬局方に収載されている主要生薬の一つです。

江戸時代から使用され、漢方薬の世界では、劇的な効果を発揮するため将軍という別名があるほどです。

 

「大黄(だいおう)」の効果

便通効果

大黄に期待される主な薬効は、瀉下作用(便秘解消作用)があります。大黄に含まれるセンノシド等の成分が大腸に作用して便秘解消の効果が現れるとされています。また、タンニン類も多く含まれ、タンニン類には強い収斂作用があり、止瀉作用(下痢止め作用)が期待される成分です。
つまり・・・
「大黄(だいおう)」には、便秘解消効果と下痢止め効果のWの効果があり便を下痢にならない程度に柔らかくするする働きがあります。

 

巡りを良くする

また、大黄には、血の巡りが滞った状態を解消する作用があります。

 

 

「乙字湯(オツジトウ)」に含まれた「大黄(だいおう)」には、痔の原因である便秘・巡りの滞りに効果を発揮します。
ピーチラック 効果 痔